バストアップと成長ホルモン >> 成長ホルモンの分泌が減ることのデメリット

成長ホルモンの分泌が減ることのデメリット

成長ホルモンが減少すると、老化現象や、様々な異常が体にあらわれます。20代以降の人に、体力の衰えやお肌の乱れを訴える方が多いのは、成長ホルモン・HGHの減少が、老化に直結しているためです。

「昔はもっと肌に張りがあったのに...」
「髪の毛がもっとふさふさだったのに...」
「一晩くらい寝なくても、平気で仕事ができたのに...」
年齢ともに、そんな風に感じている方は多いのではないでしょうか。

もっとキレイでいたのに肌のハリがなくなったり、仕事を頑張らばらないといけないのに、体の疲れがとれなかったり、朝起きれない女性も少なくはないと思います。

特に女性は、肌にハリがなくなってシワや増えることはもっとも避けたいことですよね!


【成長ホルモンの減少によって起こる様々な症状】
疲労からの回復が遅くなる/なかなか疲れが抜けない
筋肉や骨が衰える
体重の急激な増加や減少
肌のハリが失われ、しわが目立つようになる
運動能力が低下し、若い頃よりも身体の動きが鈍くなる
記憶力や集中力の低下
毛髪が細くなり、白髪が増える
意欲喪失
性機能の低下
視力減退
免疫力の低下
関節の異常
更年期症状
睡眠の質の低下
血管の老化
細胞の酸化が進む
インスリンの働きの悪化

成長ホルモンの減少は私たちの生活に大きな影響を与えています。
また、成長ホルモンの減少をくい止める事が、老化速度を抑える重要なポイントとなります。


コンテンツ一覧
バストアップと成長ホルモンの効果TOP
胸が大きくなる仕組み~成長ホルモンとラクトゲン受容体
成長ホルモン分泌の減少のデメリット
成長ホルモンのメリット~バストアップ
成長ホルモンのメリット~肌のハリが蘇る
成長ホルモンのメリット~ダイエット効果
成長ホルモンのメリット~身長を伸ばす
成長ホルモンのメリット~健康的で丈夫な骨・筋肉を形成する



婚約指輪